シミ、そばかすが出来る原因は?メカニズムに注目し対策を考える!

シミ、そばかすが出来る原因は?メカニズムに注目し対策を考える!

シミ原因

 

シミが出来る大きな原因は紫外線とターンオーバーが大きく関係していた。

 

お肌についての気になる悩み、シミとそばかす。

 

シミ、そばかすは紫外線が大きな原因の一つとされています。

 

シミは、メラニンが皮膚に沈着することによってできます。

 

メラニンは紫外線を受けることで生成されますが、本来の働きは皮膚の細胞を保護する対策としてできます。

 

皮膚の細胞が破壊されない対策として、メラニンで表皮を多い、紫外線の浸透をブロックするという対策なのです。

 

役割を終えたメラニンは皮膚のターンオーバーによって、角質と一緒に垢となって排出されます。

 

ところが、加齢などの原因でターンオーバーがスムーズに行われないと、皮膚の下に残ってシミの原因となってしまうのです。

 

紫外線を浴びすぎた場合は、それが原因で、過剰にメラニンが生成されるので、シミができやすくなり、対策が必要です。

 

また、ニキビなどによる肌の炎症の痕が、そのままシミとして残ることが原因となる場合もあり、これも対策が必要です。

 

 

シミの種類と原因

 

シミには、老人性色素班や炎症性色素沈着、肝斑などがあります。

 

老人性色素斑は、紫外線を浴びることで肌が刺激を受けると、できやすくなります。

 

そして炎症性色素沈着は炎症による刺激が、肝斑はホルモンバランスの乱れによる刺激が、それぞれ原因となっているのです。

 

いずれも根本の原因は異なっていますが、肌への刺激という点では共通しています。

 

刺激を受けると肌では、メラノサイトが活性化し、メラニン色素を多く生み出すようになります。

 

つまりいずれのシミも、直接的な原因は刺激によって誕生したメラニン色素となっているわけです。

 

またそばかすも、メラニン色素によってできます。肌には、刺激に弱い遺伝子が局部的に存在していることがあります。

 

その部分では特にメラニン色素が作られやすいのですが、それによってできるシミがそばかすです。

 

シミは基本的には、肌のターンオーバーによって自然に消えていきます。ターンオーバーとは、新しい細胞が作られることで古い細胞が排出されるという、肌のメカニズムのひとつです。そしてこの排出の過程で、メラニン色素も一緒に肌から除去されていくのです。

 

しかし肌に刺激を与え続ける限り、メラニン色素は新しく作られます。そしてメラニン色素が増えれば増えるほど、シミもまた増えていきます。つまりターンオーバーでメラニン色素が除去されても、いたちごっことなるわけです。

 

そのため多くの人が、シミのない肌にするために美白化粧品を使用しています。

 

 

シミとそばかすの原因は全く別物!?そばかすは加齢で薄くなることもある!

 

そばかすは、大きさはシミより小さく、鼻の周りや頬に出やすいのが特徴です。

 

そばかすもメラニンが原因でできるもので、そばかすができる過程はシミとほとんど同じですが、シミと異なるのは、そばかすは遺伝性が原因でできるものが多いとされている点です。

 

遺伝性のものへの有効対策が待たれます。

 

そばかすは紫外線が原因で濃くなる傾向がある一方、加齢が原因で薄くなることもあり、これはシミとは正反対の傾向です。

 

これは対策の必要はないでしょう。

 

 

夏だけの紫外線対策は意味がない!?紫外線は1年中降り注いでいます!

 

シミやそばかすの予防は、まず原因となる紫外線への対策です。

 

夏が近づくと紫外線対策を始める人が多いようですが、シミ、そばかすの原因の紫外線は1年中降り注いでいます。

 

曇りの日でも、シミ、そばかすの原因、紫外線の量は晴天の日の6〜8割あると言われていますし、室内にもガラスを通して入り込んできます。

 

日焼け止め、日傘、帽子等を活用し、一年を通して、シミ、そばかすの原因の紫外線に気を付ける必要があるのです。

 

また、シミ、そばかすの原因メラニンを排出するために、ピーリングできる石鹸、ジェル、ローションなどを使って、肌のターンオーバーを促すのも、効果的なシミ、そばかすの対策となります。

 

 

既にできてしまったシミ、そばかすへの対策方法は?

 

できてしまったシミ、そばかすへの対策としては、やはり、美白効果のある化粧品が考えられます。

 

美白対策に最も有効な成分としては、ハイドロキノンが考えられます。

 

ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とも呼ばれ、シミ、そばかすの原因メラニンを生成するチロシナーゼの活性を抑制し、メラニンの形成そのものを抑えます。

 

その他、厚生労働省が認める美白成分、アルブチン、エラグ酸、トラネキサム酸、プラセンタ、ビタミンC誘導体などが配合されている化粧品をシミ、そばかすの対策として選ぶとよいでしょう。

 

 

身体の内側からの対策も効果的!必要な栄養素は?

 

また、身体の中からケアしていくことも大切です。

 

ビタミンC、Eは美白に効果のある栄養素として知られています。

 

シミ、そばかすの対策にもなります。特にビタミンEは、摂取しにくい栄養素ですので、ビタミンEを多く含むキウィフルーツ、アボカド、カボチャ、ゴマ、アーモンドなどを意識して取って、シミ、そばかすの原因への対策としたいものです。


関連ページ

肝斑に効く化粧品・ハイドロキノン
ハイドロキノンはアルブチンやコウジ酸などに比べ、100倍もの美白作用があると言われています。
シミの原因となる活性酸素と、それからお肌を守るために大事なこと
シミの原因となる活性酸素と、それからお肌を守るために大事なこと
顔のくすみは美白化粧品では取れない?あなたのくすみタイプを簡単チェック!
顔のくすみは美白化粧品では取れない?
シミと肝斑の違いとは?原因と対処法をタイプ別にチェック!
シミと肝斑の違い
シミが出来やすい敏感肌の正しいケア方法。
シミが出来やすい敏感肌の正しいケア方法。
目立つシミそばかすに効く。美白対策まとめ。
目立つシミそばかすに効く。美白対策まとめ。
化粧水でのシミ対策は「美白っぽい」ものを選ぶな!
化粧水でのシミ対策は「美白っぽい」ものを選ぶな!
ニキビ跡のシミを消す方法。ビタミンCのイオン導入の効果は?
ニキビ跡のシミを消す方法。ビタミンCのイオン導入の効果は?
サプリメントで紫外線対策!ビタミンCでシミは消えないって本当?
サプリメントで紫外線対策!シミ・そばかす・肝斑が気になるなら…
ニキビ跡のシミに美白化粧水をおすすめする理由
ニキビ跡のシミに美白化粧水をおすすめする理由
メイクで可能!シミを隠すのに最適なファンデーション
メイクで可能!シミを隠すのに最適なファンデーション
シミ・ニキビ跡を消す方法。ピーリングに注目!
シミ・ニキビ跡を消す方法。ピーリングに注目!
レーザートーニングのシミと肝斑消す効果は?
シミの中でも特に厄介な肝斑と、その除去に効果的なレーザートーニング
シミ消しレーザー治療の経過と注意点。【経過画像あり】
シミ消しQスイッチルビーレーザー治療の経過と注意点。
手の甲のシミを消す方法。手の甲に出来る原因と対策をまとめてみた。
手の甲のシミを消す方法。手の甲に出来る原因と対策をまとめてみた。
そばかすを消す化粧品と方法を思いつく限り調べてみた。メイクで隠す方法からレーザー治療で消す方法まで解説!
そばかすを消す化粧品と方法を思いつく限り調べてみた。メイクで隠す方法からレーザー治療で消す方法まで解説!
日焼けや紫外線を防ぐだけじゃ足りない!シミの元を追い出す体づくり
メラニケア
サプリで紫外線撃退!飲む日焼け止めサプリメントは実際に効果があるの?
サプリで紫外線撃退!飲む日焼け止めサプリメントは実際に効果があるの?