肝斑に効く化粧品・ハイドロキノン

肝斑に効く化粧品・ハイドロキノン

リンク

 

肝斑とは女性ホルモンが関与しているシミと言われ、褐色のもやっとしたシミが両頬骨に左右対称にできます。

 

一度できてしまったシミは、気がついてケアをしてもなかなか消せないものです。

 

あきらめてケアをせずにいると、どんどん見た目年齢をあげてしまいます。

 

肝斑の治療に効果的な方法

 

皮膚科で処方されるのがハイドロキノンやトレチノイン配合のクリームです。

 

ハイドロキノンとは?

還元作用やメラニンの合成を抑える働きがあります。

 

欧米ではかなり前から使われていましたが、皮膚への刺激が強いことから日本では化粧品に配合することが禁止されていました。

 

しかし、2001年から濃度を下げて化粧品に用いられるようになりました。

 

ハイドロキノンはアルブチンやコウジ酸などに比べ、100倍もの美白作用があると言われています。

 

トレチノインとは?

シミやニキビ、シワに効果的に働くトレチノインはビタミンA(レチノール)の誘導体です。

 

トレチノインは人の体の血液中にごく少量流れています。そのためアレルギー反応の心配はありません。

 

女性ホルモンの低下を防ぐために

 

肝斑は女性ホルモンのバランスが影響しています。

 

肌トラブルを防ぐためには、女性ホルモンの低下を招かないことが大切です。

 

肝斑の改善には、卵巣機能を高める生活を送ることです。

 

バランスのとれた食事とともにエストロゲンと似た働きをする大豆製品の豆乳や豆腐納豆などを積極的に摂るようにしましょう。

 

また、過激なダイエットは体に負担をかけ卵巣機能を低下させ、エストロゲンが減少してしまいます。

 

肝斑だけでない場合もあります

太陽光線は下まぶたのくぼみのあたりに当たりやすく、シミができやすくなります。

 

位置がちょうど肝斑と同じなので、日焼けによるシミか肝斑なのかが分からない場合もあります。

 

一般的に多い老人性色素斑と呼ばれるシミ対策も肝斑も美白化粧品が有効ですが、肝斑にはレーザー治療は不向きです。

 

また、肝斑にはトラネキサム酸の服用が効果があると言われています。

 

まとめ

 

シミにも様々な種類があるので、それぞれのシミに合った方法でケアすることが大切です。

 

シミは本人にとっては重大なことですが、自分が気にするほど人は、他人のシミなど気にはしていないものです。

 

ストレスとシミとは大いに関係しており、シミを気にしてで悩むことが、新たなストレスを産む原因にもなりかねません。

 

おおらかな気持ちで、シミ対策をしましょう。

 




関連ページ

【美白有効成分一覧】厚生労働省に、シミへの有効性と安全性が認められている成分。
厚生労働省に、シミへの有効性と安全性が認められている美白有効成分
シミ取りクリームビーグレンの効果
シミ取りのために有効な成分ハイドロキノンやビタミン配合のビーグレンのホワイトケアは、相変わらず人気があり、多くの人の支持を受けています。 シミが一つもない肌にはあこがれますが、シミの種類も色々あるので様々な角度からシミケアをしていくことも必要です。
ビーグレンのシミに効くホワイトケアの2種類のクリームとは?
ビーグレンのシミに効くホワイトケアの2種類のクリームとは?
シミが出来にくい肌になる方法!「バリア機能」を高める「セラミド」とは?
シミが出来にくい肌になる方法!「バリア機能」を高める「セラミド」とは?
シミ消しできるクリームはハイドロキノン配合のものを選ぼう!
シミ消しできるクリームはハイドロキノン配合のものを選ぼう!
ビーグレンのクリームでシミを集中ケア!生き生きとした白い肌へ導きます!
ビーグレンのクリームでシミを集中ケア!生き生きとした白い肌へ導きます!
アンプルールの美白化粧水『ラグジュアリーホワイトローションAOU』のシミへの効果
アンプルールの美白化粧水『ラグジュアリーホワイトローションAOU』のシミへの効果
シミ・シワ・ニキビ対策には美容液を!20歳を過ぎたら毎日「ビタミンC誘導体」を。
シミ・シワ・ニキビ対策には美容液を!20歳を過ぎたら毎日「ビタミンC誘導体」を。
シミを消す!くすみを取る!ビタミンC誘導体とハイドロキノンの効果について
シミを消す!くすみを取る!ビタミンC誘導体とハイドロキノンの効果について