シミの中でも特に厄介な肝斑と、その除去に効果的なレーザートーニング

レーザートーニングのシミと肝斑消す効果は?

シミのレーザー治療

 

肝斑(かんぱん)とレーザートーニング

 

シミには、紫外線の刺激によってできる老人性色素斑と、ホルモンバランスの乱れによってできる「肝斑」とがあります。

 

このうち肝斑は、30〜40代になるとできやすくなります。

 

しかも肝斑は老人性色素斑のシミと比べると、消えにくいという特徴があります。

 

そのためこの年代の女性の多くが、肝斑の悩みを抱えています。

 

でも肝斑は、美容クリニックでの治療で除去することが可能です。そしてその中でも特に効果的とされている治療が、「レーザートーニング」です。

 

美白や毛穴に効果が高いレーザートーニングは、低刺激でお肌に悪影響を与えにくい治療です。

 

さらに治療を続けていくうちに、キメの細かい美肌にすることもできるのです。

 

ここでは、そのレーザートーニングの効果や治療期間について、ご説明します。

 

 

なぜ肝斑は消えにくいの?

レーザートーニングの前に、まずは肝斑がなぜ消えにくいのかをお話ししますね。

 

シミのうち老人性色素斑は、紫外線が原因なので、紫外線をよく浴びるお肌の表面にできます。

 

ところが肝斑は、ホルモンバランスの乱れによって体の組織に炎症が起こることでできるシミです。

 

炎症が体の内側からお肌に刺激を与え、それによってメラニン色素が多く作られ、シミとなるのです。

 

そしてお肌の表面から順にターンオーバー(お肌の生まれ変わり)によって、蓄積されたメラニン色素は除去されていきます。

 

そのため老人性色素斑は、基本的には放置しておいても、ターンオーバーで徐々に消えていきます。

 

日焼けは、夏が過ぎると徐々に改善されていきますよね、紫外線によるシミも、基本的にはそれと同じ原理で消えていくのです。

 

また美白化粧品を使用すると、一層消えやすくなります。

 

それに対してお肌の深部にできる肝斑は、ターンオーバーではなかなか消えません

 

その上、美白化粧品もスムーズに、肝斑の元に届かないのです。

 

しかも体内での炎症によって、お肌の深部では次々にメラニン色素が作られます。

 

老人性色素斑は、紫外線を浴びないように気をつければ防止できます。でも肝斑は、ホルモンバランスが乱れ続ける限り、どんどん色濃くなっていくのです!

 

こういった理由から、肝斑はシミの中でも特に厄介とされているわけですね。

 

 

お肌の深部に届く、低刺激なレーザートーニング

レーザートーニングなら、肝斑にしっかりと届きます。

 

なぜならレーザートーニングで使われるレーザーは、波長が長めだからです。

 

具体的には1064nmで、これは紫外線によるシミを除去するレーザーの1.5〜2倍の波長です。

 

波長が長い分、お肌の奥深い部分にまで影響を与えることができるのです。

 

レーザートーニングの影響といっても、ごく軽いものです。

 

メラニン色素が沈着している肌細胞を、ほんの少し弱らせる程度の刺激なのです。

 

弱った肌細胞は、健康な肌細胞よりも優先的にターンオーバーで排出されます。

 

そのため本来はターンオーバーでは簡単には消えないはずの肝斑が、レーザートーニングによって消えやすくなるのです♪

 

低刺激なので、治療中の痛みは少なく、目立つ跡が残ることもありません。

 

レーザートーニングはシミ取りレーザーの様にかさぶたになって剥がれ落ちない。

 

紫外線によるシミ取りレーザー治療の場合は、メラニン色素が沈着している部分を焦がすという方法で行われるので、治療中には熱による痛みが生じますし、お肌には焦げによるかさぶたができます。

 

かさぶたが剥がれれば白い肌が出てくるのですが、中には熱による刺激で、かえってメラニン色素が増えてしまうという人もいます。

 

でもレーザートーニングなら、その心配はありません。

 

レーザートーニングは、シミを「焦がす」のではなく「弱らせる」治療だからです。

 

かさぶたにして強制的に除去するのではなく、お肌が自然に排出できるようにと、手助けをする治療なのです。

 

そのためレーザートーニングは、お肌に優しい治療として注目されているわけですね♪

 

濃いシミにはシミ取りレーザー治療を。

レーザートーニングは低刺激なレーザー治療なので、濃いシミを薄くすることは出来ても、完全に消す事は難しいです。

 

濃いシミを完全に消したい場合は、まずはシミ取りレーザーで治療して、かさぶたが剥がれた白い肌になっている状態の時に、レーザートーニングを施術することで、より効果的に治療が可能となります。

 

 

たるみの改善にも効果的

さらにレーザートーニングには、コラーゲンの生成率をアップさせるという効果もあります。

 

メラニン色素が沈着した肌細胞が除去されれば、お肌ではその分新しい肌細胞が作られます。

 

そして新しい肌細胞には、コラーゲンがたっぷりと詰まっています。そのためレーザートーニングによって新しい肌細胞が増えるほど、コラーゲンも増えていくのです。

 

そしてコラーゲンは、お肌の弾力のもととなっている成分です。これが多いお肌は、弾力によって引き締まります。

 

つまりコラーゲンが増えれば、たるみによるシワや毛穴の開きが改善されやすくなるということです。

 

顔全体に施術した場合には、フェイスラインが引き締まることで、小顔効果も出てくることになります。

 

たるみもまた、30〜40歳の女性のお肌で起こりやすいトラブルです。それを肝斑と一緒に改善できるのですから、レーザートーニングはとても頼りになる治療ですよね♪

 

ターンオーバーのペースに合わせて治療期間を調整する

このように美容効果の高いレーザートーニングですが、注意しなければならない点もあります。

 

まずは、ターンオーバーによるメラニン色素の排出を促す治療なので、ターンオーバーのペースに合わせて行う必要があるという点です。

 

ターンオーバーのペースは、

  • 20代で約28日
  • 30代で約40日
  • 40代で約55日

となっています。

 

そしてレーザートーニングは、この1周分のターンオーバーが終わるまでの間、週に1回は受けなければならないのです。

 

したがって治療回数のトータルは、

  • 20代の場合は約4回
  • 30代の場合は約6回
  • 40代の場合は約8回

が目安となります。

 

また、肝斑の量や深さによっては、1周のターンオーバーでは除去しきれないこともあります。

 

この場合は、2周目のターンオーバーに期待して、レーザートーニングを続けることになります。

 

さらに、効果が出ても治療をやめると、ホルモンバランスが乱れていれば、肝斑が再発する可能性があります。

 

それを食い止めるためには、レーザートーニングでの治療だけではなくお肌の内側から女性ホルモンのバランスを整える「トラネキサム酸」などの飲み薬との併用が効果的です。

 

このようにレーザートーニングは、お肌の状態によっては治療が長引くことがあるのです。

 

当然その分費用もかかるので、受ける場合はあらかじめ、通院と費用についてシミュレーションをしておきましょう。

 

 

治療中の肌荒れについて

そしてもうひとつ、治療中の肌荒れについても注意が必要です。

 

レーザートーニングは、基本的にはとても安全な治療ですが、毎回の治療後には、お肌が多少ですが荒れやすくなります。

 

たとえばカサカサとしたり、吹き出物ができたりすることがあるのです。

 

通常のターンオーバーよりも、古い肌細胞が多く排出される過程で、カサついたりニキビが膨らんだりします。

 

つまりこの肌荒れは、レーザートーニングの効果が出ている証拠のようなものなのです。

 

古い角質やメラニン色素の排出が進むにつれて、肌荒れは改善されますし、むしろお肌は白くツヤのある状態になっていきますので、治療と支柱は少しの我慢が必要になる期間がでる事もあるという事知っておきましょう。

 

でもお肌が荒れている間は、過度な刺激を与えないようにしてくださいね。

 

カサカサ肌の浮いてきたお肌を無理に剥がしたり、吹き出物をつぶしたりすることはタブーです。

 

その刺激で、新しいメラニン色素が作られてしまうことがあるからです。

 

治療中の肌荒れがどうしても気になる場合には、治療した医師に相談しましょう。肌荒れを防ぐ軟膏の処方など、適切な処置をしてもらえます。

 

 

レーザートーニングができるおすすめ美容クリニック

 

レーザートーニングができる美容クリニックは、多数あります。

 

その中でも特に管理人がおすすめするのは、以下の3院です。

 

湘南美容外科クリニック(全国67院)

湘南美容外科
湘南美容外科クリニッでのレーザートーニングは、とにかくお肌に優しいことで注目されています。

 

スペクトラ・ヘリオス」という特殊なレーザーで、周辺組織に熱ダメージを与えることなく、深い肝斑を狙い撃ちにできるのです。

 

しかも、顔全体で効果を試すことができるトライアルコースがあります。

 

料金は、

  • 1回7500円
  • 3回15000円

です。

 

レーザートーニングの相場は、1回あたり2〜3万円なので、それを考えるとお得ですよね♪

 

湘南美容外科

 

また頬のみのお試しも可能となっていて、この場合はなんと1回2800円です!

 

 

 

シロノクリニック(恵比寿・池袋・銀座・大阪・横浜)

シロノクリニック
シロノクリニックは、レーザー治療専門ということで、とても信頼されている美容クリニックです。

 

135台以上のレーザー治療機器があり、治療実績は15万件を超えているそうです。

 

シロノクリニックでのレーザートーニングには、アメリカなど海外でも話題となっている「メドライトC6」が使われます。

 

低刺激なので炎症の心配がなく、それでいて肝斑はもちろん、くすみや毛穴の黒ずみ除去にも効果的とされています♪

 

 

 

銀座よしえクリニック(銀座院・品川院・大岡山院)

銀座よしえクリニック
こちらのレーザートーニングでは、肝斑はもちろん、そばかすやお肌の色ムラも改善していくことができます。

 

しかもお肌の状態に合わせて施術してもらえるので、安心できる点でもおすすめです♪

 

眼はゴーグルで保護されますし、照射後にはお肌が冷却されるので、体への負担が少なく安全です。

 

痛みが少なく、麻酔は基本的に不要ですが、どうしても心配という人は、相談すると個別に対処してもらえますよ♪

 

 

 

肝斑とレーザートーニングについてのまとめ

 

肝斑は、通常のターンオーバーや美白化粧品では消えにくいシミです。しかもホルモンバランスの乱れが原因なので、乱れた状態が続く限り、増えたり色濃くなったりするのです。

 

でも、美容クリニックでのレーザートーニングでなら、比較的スムーズに消していくことができます。

 

レーザートーニングとは、波長の長いレーザーでメラニン色素を攻撃し、ターンオーバーでの排出を促すという治療です。

 

しかも治療の過程でコラーゲンが増えるため、たるみも改善されやすくなります♪

 

ただしレーザートーニングは、ターンオーバーのペースに合わせて週に1回ずつ受ける必要があります。

 

また治療中はお肌が荒れやすくなるので、過度な刺激を与えないようにすることも大事です。

 

管理人は、特にこの美容クリニックをおすすめします♪

  • 湘南美容外科クリニック(お得な料金でのトライアルコースあり!)
  • シロノクリニック(実績豊富!くすみや毛穴の黒ずみも除去可能!)
  • 銀座よしえクリニック(施術が丁寧で、光や熱からの保護もバッチリ!)

 

いずれも信頼できる美容クリニックなので、参考にしてみてくださいね♪


関連ページ

シミ消しレーザー治療の経過と注意点。【経過画像あり】
シミ消しQスイッチルビーレーザー治療の経過と注意点。