ルミキシルクリームはシミ予防効果が高い美白化粧品。

ルミキシルクリームはハイドロキノンの17倍ものシミ予防効果ある美白化粧品。

ルミキシルクリーム口コミ

 

シミ予防や、シミを消す効果がある成分ハイドロキノンは最近では日本でもメジャーになり、多くの美白化粧品に使われていまが、最近海外でも話題になっている「ルミキシル」という成分に注目してみました。

 

ルミキシルはシミ予防に効果が高い美白化粧品で、その効果はハイドロキノンの17倍もの効果があります。

 

ここでは、大注目の美白成分ルミキシルについて解説していきます。

 

  • これ以上シミを増やしたくない。
  • くすみを取って顔色を明るくしたい。
  • 肌の色ムラをなくしたい。
  • 肝斑やそばかすが気になる。

 

という人にはおすすめの美白化粧品なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ルミキシルの販売ページはこちら

 

メラニン色素の生成を防ぐルミキシルペプチド

最近では、シミ予防にルミキシルペプチド(デカペプチド-12)が配合された美白化粧品「ルミキシル」がシミを気にしている女性に使われるようになっています。

 

シミは、肌表面が外部からの刺激(紫外線や摩擦など)を受けると、お肌を守るためにシミの原因となる「メラニン色素」を作ります。

 

この時メラニン色素を生成するのに必要な酵素が「チロシナーゼ」といいます。

 

ルミキシルペプチドは、このチロシナーゼの働きを阻害してメラニン色素の生成を抑制します。

 

そのためルミキシルは、シミ予防に効果的な美白化粧品とされているのです。

 

 

人間の肌と相性が良く浸透力が高い

ルミキシルペプチドは天然由来のアミノ酸であるタンパク質の一種で、水に溶ける性質があります。

 

私たち人間の肌もタンパク質で構成されているので、ルミキシルペプチドは粒子も細かいので、肌との相性が良く浸透力も高いと言えます。

 

その上、肌には水分がたっぷりと含まれているので、それに溶けながらルミキシルは、肌の奥深くへとどんどん浸透していきます。

 

シミの中でもニキビ跡などのシミ「炎症性色素沈着」や「肝斑(かんぱん)」は、肌の深い部分でできやすいのですが、浸透率の高いルミキシルなら、高確率でそれらのシミの根元まで届きます。

 

この点からもルミキシルは、シミ予防や対策に高い効果を発揮する美白化粧品として評価されているのです。

 

実際に、肝斑にルミキシルを1日2回塗布するという臨床研究では、12週間で約40%16週間で約50%の人が効果を実感できたという結果が出ています。

 

中には、8週間の使用で肌の透明感を実感できたという人もいるのです。

 

また、肌との相性が良いので、ルミキシルは敏感はでも使えるくらい低刺激です。

 

そのため乳輪や陰部といったデリケートゾーンでのシミ予防や黒ずみ対策にも、安全に利用できます。

 

ハイドロキノンの17倍のシミ予防効果

ハイドロキノンにも、メラニン色素の生成を防ぐ力がありますが、ルミキシルペプチドの力は、ハイドロキノンの約17倍とされています。

 

ハイドロキノンで同じ美白効果を得るためには、約17倍もの濃度で使用しなければなりません。

 

これは肌にとっては危険ですし、そもそも日本の法律では、ハイドロキノンを美白化粧品にそこまで高濃度で配合することは認められていません。

 

ルミキシルペプチドなら、肌に大きな負担を与えることなく、ハイドロキノンの17倍ものシミ予防効果を発揮します。

 

他にもルミキシルがハイドロキノンより優れているところは、

 

  • 副作用の心配がない。
  • 顔全体に使える。
  • 長期間使える。
  • 成分の劣化が遅い。

 

という点です。

 

ルミキシルは、お肌に低刺激で、ハイドロキノンの様に副作用の心配がないので、長期間で顔全体に使用可能です。

 

また、ルミキシルペプチドは、劣化しにくいので、未開封なら2年、開封後も1年以内に使えば問題はありません。

 

高濃度ハイドロキノン(4%以上)の場合は、副作用の懸念点もあり、シミが気になる患部に部分的に使ったり、使用期間を数か月で切ることで副作用を出にくくする必要があります。

 

さらに、ハイドロキノンはその性質上、劣化しやすく、開封後は冷蔵庫で保存し、基本的に1か月以内に使いる必要があります。

 

ハイドロキノンはシミを消す効果がある。

ここまでを見ると、「ハイドロキノンは必要なくて、ルミキシルだけでいいのではないか?」と思われるかもしれませんが、ハイドロキノンにも使用するメリットがあります。

 

ルミキシルはシミの原因のメラニン色素抑制効果が高いが、すでに出来てしまったメラニン色素を破壊・漂白することができません。

 

しかし、ハイドロキノンは、メラニン色素を破壊・漂白する効果があります。

 

つまり、ルミキシルには「出来てしまったシミ」を消す効果はないけど、ハイドロキノンには「出来てしまったシミ」を消す効果があるという事です。

 

シミが気になる人はこの違いを理解して、この2つの成分を使い分けることが美白のスキンケアには重要ポイントとなります。

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品も!

シミにおすすめの化粧品ランキングTOP3

 

ルミキシルは美容皮膚科でのレーザー治療後にも効果的

ルミキシルは、美容皮膚科でのレーザー治療後のシミの再発防止にも効果的な美白化粧品です。

 

具体的にはレーザー治療では、シミが熱によって除去されます。

 

レーザーには色に反応して熱を与えるという性質があるので、照射するとシミは、焼け焦げたような状態になります。

 

これによりシミは肌としての生命力を失い、メラニン色素と一緒に剥がれ落ちることになるのです。

 

このようにシミの除去にレーザー治療は効果的なのですが、熱という刺激を与えることから、治療後には肌では新たなメラニン色素が作られやすくなります

 

ここで、メラニンの生成を抑える効果があるルミキシルを使用し続けることで、シミの再発防止になります。

 

レーザー治療後のシミの再発については悩んでいる方が多いのですが、ルミキシルを使用することでシミの再発のリスクを軽減できるなら積極的に使っていきたい化粧品ですね。

 

肝斑やそばかすのシミにもおすすめ

レーザーは、色に反応するという性質上、色の薄いシミには効果を十分に発揮しません。

 

肝斑やそばかすなどのシミは、肌の広範囲にばらまいたかのように、薄く点々と発生するので、レーザー治療で除去することが困難です。

 

レーザーを高出力で照射すれば除去が可能となりますが、これは肌に大きな負担を与え、失敗すると逆に濃くなってしまうという報告もあります。

 

肝斑やそばかすはレーザー治療で一気に消す事は難しいので、飲み薬や美白化粧品で地道にケアする必要があります。

 

ルミキシルは、低刺激なので肌の広範囲に安全に使用できますし、それによって肌ではメラニン色素の生成が抑えられます。

 

また、ルミキシルには、クリームだけでなく、ピーリング効果があるローションもあります。

 

これらを併用することで、既に生み出されているメラニン色素は、ピーリングによってターンオーバーを速めることでメラニン色素の排出を促し、新しくシミを作らせない事で、効果を発揮します。

 

ルミキシルを最安値で購入するなら個人輸入で!

ルミキシルは、日本では市販されていないので、コスメショップやラッグストアでも、購入することはできません。

 

海外では販売されていますが、購入のためにわざわざ海外に足を運ぶことは簡単ではありません。

 

そこで、個人輸入が出来るネット通販を利用すれば、日本にいながらルミキシルを入手できます。

 

個人輸入の代行をしているオオサカ堂オランダ屋を利用すれば、入手がより手軽になります。

 

またルミキシルは美容皮膚科で処方してもらうこともできます。

 

ただしこの場合、診察費が別途発生するのと、販売代理店を経由しているので、その手数料が価格に上乗せされていることがほとんどです。

 

そのため1本購入するだけでも、1万円ほどの出費となることが少なくありません。

 

ところがオオサカ堂やオランダ屋を利用すれば、本来に近い価格で入手できます。もちろん診察費もかからないので、その点でも費用負担が少ないと言えます。

 

ルミキシルの種類と効果

ルミキシルシリーズには、

 

  • ブライトニングクリーム
  • ブライトニングパッド
  • リバイタル アイクリーム

 

どがあります。

 

いずれもルミキシルペプチドが配合されていますし、ブライトニングパッドにはさらに、ヒアルロン酸アロエ成分も加えられています。

 

そのため使用すると、メラニン色素の生成を防ぎながら、肌をしっとりと潤わせることができます。

 

また、ルミキシルペプチドのシミ予防効果を一層高めるための、

 

  • アクティブ プレップ クレンザー
  • グリコピールローション
  • モイスチャーロック サンスクリーン

 

といった美白化粧品もあります。

 

アクティブ プレップ クレンザーを使用すると、肌から汚れや皮脂などが除去され、ルミキシルペプチドが浸透しやすくなります。

 

グリコピールローションは、肌の古い角質を除去するためのピーリング剤の役割もある美白ローションです。

 

グリコピールローションを使用することで、やはりルミキシルペプチドの浸透率がアップします。

 

グリコピール10とグリコピール20とがあり、前者はより低刺激となっています。

 

そしてモイスチャーロック サンスクリーンは、日焼け止め効果のあるクリームです。

 

低刺激なので全身に使用できますし、使用により紫外線がブロックされれば、ルミキシルペプチドとの相乗効果で肌の白さが一層保たれやすくなるのです。

 

 

効果的な使い方やタイミング

 

これらの美白化粧品は、それぞれ適したタイミングで使用する必要があります。

 

具体的には、まずはアクティブ プレップ クレンザーを使用して、肌から余分なものを除去します。

 

そしてクリアな状態になった肌に、ブライトニングクリームやブライトニングパッド、リバイタル アイクリームを使用するのです。

 

スキンケアでは、クリームの前にローションや美容液を塗ることが一般的となっていますが、ルミキシルの場合は、クリームであるブライトニングクリームを一番最初に使います。

 

洗顔後の何もついていない乾いたお肌にブライトニングクリームを使用することで、ルミキシルぺプチドの浸透をよりよくさせ、シミ予防の効果をアップさせます。

 

素肌にブライトニングクリームなどを使用したら、その上からグリコピールローションを、肌に薄く広げるように塗ります。

 

これによりルミキシルペプチドの浸透後の肌から、メラニン色素を多く含んだ角質が除去されやすくなります。

 

つまり、透明感のある肌に変化しやすくなるということです。

 

そしてその透明感を維持するために、上からさらにモイスチャーロック サンスクリーンを塗るのです。これは、日焼け止めですが、化粧下地としても利用可能となっています。

 

 

口コミとお得なまとめ買いについて

上記のいずれの美白化粧品も、高いシミ予防効果が出てくる上に肌に優しいので、口コミで高く評価されています。

 

具体的には、肌の色合いが明るくなったという口コミや、敏感肌にもしみることがなく、安全に使用できたという口コミが多いのです。

 

さらに、水溶性なのでサラサラとしていて伸びが良く、スムーズに浸透したという口コミもあります。

 

ただし、シミ予防効果や保湿効果は使った瞬間に出てきますが、シミの除去効果を得るためには、継続的な使用が必要とされています。

 

口コミの中には、1本使い切ってもシミが除去されなかったというものもあるのです。

 

そのため1本使って終わりにするのではなく、追加で購入して、少なくとも3ヶ月は使い続けることが大事です。

 

もちろん定期的に購入するのではなく、まとめ買いをすることもひとつの手です。しかもオランダ屋でのまとめ買いなら、本数が多くなるほど1本あたりの価格が安くなります。

 

たとえばブライトニングクリームの場合、価格は7千円台なのですが、3本まとめて購入すると約2万円となります。

 

そして6本だと4万円弱に、12本だと7万円強となるのです。このように段階的に割引されていくので、まとめ買いをする場合はオランダ屋を利用するとお得です。

 

トラベルセットでお試し購入する

まとめ買いの前に効果を試してみたいという人には、トラベルセットの購入がおすすめです。

 

トラベルセットには、

 

  1. ブライトニングクリーム
  2. ルミキシルアクティブクレンザー
  3. グリコピール10ローション
  4. モイスチャーロックサンスクリーン

 

が、それぞれ9mlずつ入っています。本製品よりも少なく、数日で使い切ることができるので、気軽に効果を試すことができるのです。

 

ルミキシルは、基本的には低刺激な美白化粧品ですが、それでも中には肌に合わないという人もいます。

 

特に肌トラブルを起こしていたり、脂漏性角化症によって肌が分厚くなっていたりする場合には、効果が出にくいと言えます。

 

しかしトラベルセットを使用すれば、自分の肌に安全に効果的に使用できるかどうかを確認してから、本製品の購入を決めることが可能となります。

 

 

美白化粧品ルミキシルのまとめ

ハイドロキノンは、肌からメラニン色素を強制的に除去することで、シミを薄くしていく美白成分です。

 

そのため美白ケアには効果的ですが、だからこそ肌に刺激を与える可能性があり、長く使用することはできません。

 

それに対してルミキシルペプチドは、メラニン色素を除去するのではなく、作られることを防ぐタイプの美白成分です。

 

使用することでメラニン色素が増えにくくなれば、ターンオーバーによってシミは徐々に薄くなっていきます。しかも肌との相性が良いので低刺激で、敏感肌にも長く安全に使用することが可能です。

 

ただしルミキシルペプチドが配合されている美白化粧品「ルミキシル」は、日本では市販されていません。

 

そのため、美容皮膚科または個人輸入で入手する必要があります。

 

後者の方が安く手軽に入手できますし、特にオランダ屋でならお得なまとめ買いができます。肌に合うかどうかが気になるという場合には、トラベルセットを購入すれば、気軽に確認できます。

 

またルミキシルには、クリームやローションなど種類が複数あります。

 

より高いシミ予防効果やシミの除去効果を得るためには、それぞれを適したタイミングで使うことが大事です。

 

ルミキシルの販売ページはこちら


関連ページ

薬用VCボディミストは日焼け後のケアに効果的。背中・デコルテ専用のボディミスト
「出来てしまったシミ・そばかすを消す方法。」について、元化粧品会社勤務の30代管理人が本気で調査しました。
ビーグレンのシミに効くと口コミで評判の「ホワイトケア」トライアルセットを試してみた。
ビーグレンのシミに効くと口コミで評判の「ホワイトケア」トライアルセットを試してみた。
C-マックスローション【口コミで人気】高濃度ビタミンC誘導体の美白化粧品を購入
C-マックスローション【口コミで人気】高濃度ビタミンC誘導体が配合された美白化粧品をお試し購入。
アンプルール「ラグジュアリーホワイト」トライアルセットの口コミが本当か試してみた。
アンプルール「ラグジュアリーホワイト」トライアルセットの口コミが本当か試してみた。シミをピンポイントで消すにはアンプルールがおすすめ。
ディセンシア・サエルの口コミからみるメリットとデメリット
ディセンシア・サエルの口コミからみるメリットとデメリット
ディセンシアのサエルは敏感肌の私でも使えた美白化粧品。
ディセンシアのサエルは敏感肌の私でも使えた美白化粧品。
フラーレンでシミの原因「活性酸素」を除去!おすすめの美白化粧品。
活性酸素によるシミを防ぐフラーレンと、おすすめの美白化粧品
アスタリフトホワイトで失敗しないために
アスタリフトホワイトで失敗しないために
バランシングセラムC(ナチュラルエレメンツ)【口コミで話題】で毛穴改善
バランシングセラムC(ナチュラルエレメンツ)【口コミで話題】で毛穴改善
ビーグレンの美容液「Cセラム」は高濃度ビタミンCでシミを撃退!
ビーグレンの美容液「Cセラム」は高濃度ビタミンCでシミを撃退!
シミやそばかすはストレスから?フラセラでリラクゼーションスキンケア
シミやそばかすはストレスから?フラセラでリラクゼーションスキンケア
フレキュレルの口コミと効果は?そばかす対策できる美白化粧品クリーム。
フレキュレルの口コミと効果は?そばかす対策できる美白化粧品クリーム。
マナラホットクレンジングゲルの美白効果と口コミ。ハイドロキノン誘導体でシミ予防!
マナラホットクレンジングゲルの美白効果と口コミ。ハイドロキノン誘導体でシミ予防!
ディセンシア・サエルでシミは消せるのか?
ディセンシア・サエルでシミは消せるのか?
ビーグレンで肝斑・シミは消せるの?
嬉しいことに、今まででは化粧品でシミを消すのは無理と言われていましたが、「ビーグレンでしみが消えた」との口コミもあります。 しみの濃さや、体質などにもよるでしょうが、朗報には違いありません。 「若いときに日焼けしてしまったから仕方がない」「更年期による肝斑だから時期を待つしかない」などとあきらめずに、まずは肌に合うか会わないかトライアルセットを使ってみてはどうでしょうか。
シミを集中的に攻撃できる美容液。アンプルールの新安定型ハイドロキノンがすごい!
「出来てしまったシミ・そばかすを消す方法。」について、元化粧品会社勤務の30代管理人が本気で調査しました。
ドラックストアでも購入できる、シミを消す化粧品とその口コミまとめ。
「出来てしまったシミ・そばかすを消す方法。」について、元化粧品会社勤務の30代管理人が本気で調査しました。
クリアポロンの効果は?角質ケアでなめらか+すべすべのお肌に!
クリアポロンでなめらか+すべすべのお肌に!角質ケアの効果に期待
シンリーボーテのうるおいクレンジング泡ジェルで毛穴ケアの効果はあるの?
シンリーボーテのうるおいクレンジング泡ジェルで毛穴ケアの効果はあるの?