メラニケア

シミ取りクリームビーグレンの効果

ビーグレン目元クマ

 

シミ取りのために有効な成分ハイドロキノンやビタミン配合のビーグレンのホワイトケアは、相変わらず人気があり、多くの人の支持を受けています。

 

シミが一つもない肌にはあこがれますが、シミの種類も色々あるので様々な角度からシミケアをしていくことも必要です。

 

シミの原因別ケアの種類

ビーグレンのすぐれたところは、それぞれの原因に応じたシミ取りができることです。

 

紫外線によってできてしまったシミなら「ホワイトケアトライアルセット」がおすすめです。

 

また、ニキビあとの炎症がシミになってしまった場合は、「ニキビあとケアトライアルセット」が適しています。

 

目元部分のくすみやクマなどには、「目元ケアトライアルセット」がおすすめです。

 

シミならホワイトケアでと思いがちですが、原因によってトライアルセットを使い分けることによってより効果的にシミをとることができます。

 

目元にアプローチすることでクマやくすみがすっきり

特に肌に目立ったシミがあるわけでもないのに、顔が疲れて見えるのは、目の下にできたクマやクスミのせいかもしれません。

 

目の下は皮膚が薄く皮脂腺も少ないので、年齢が現れやすいところです。

 

目のまわりがくすむと、一気に老けて見えます。

 

シミ取りは目元から始める方法もあります。

 

トライアルセットの内容は、

 

  1. クレイウオッシュ
  2. ローション
  3. Cセラム
  4. トータルリペアアイセラム
  5. Qusomeモイスチャーリッチクリーム

 

です。

 

税込み価格1,944円(送料無料)でおためしできます。

 

目元のセルフケアについて

クマにも種類があり、原因によってケアの方法も変わってきます。

 

青グマ

毎日が忙しく十分な睡眠時間がとれなかったりすると、青グマができます。

 

蒸しタオルをあてて血行を促進するとともに鉄分やビタミンEを意識して摂取するようにしましょう。

 

茶グマ

茶グマは紫外線からのダメージで色素沈着が起こり目元が茶色くなります。

 

またこすり過ぎてもよくないので、メイク落としの際、コットンなどで強くこすらないようにしましょう。

 

黒グマ

黒グマは老化現象のひとつとも言われ、タルミが原因で薄黒く見えます。

 

目元の眼輪筋を鍛えるとクマを消すことができます。

 

顔は動かさず。目だけ上下左右に動かすようにします。

 

まとめ

嬉しいことに、今まででは化粧品でシミを消すのは無理と言われていましたが、「ビーグレンでしみが消えた」との口コミもあります。

 

しみの濃さや、体質などにもよるでしょうが、朗報には違いありません。

 

  • 「若いときに日焼けしてしまったから仕方がない」
  • 「更年期による肝斑だから時期を待つしかない」

 

などとあきらめずに、まずは肌に合うか会わないかトライアルセットを使ってみてはどうでしょうか。


関連ページ

【美白有効成分一覧】厚生労働省に、シミへの有効性と安全性が認められている成分。
厚生労働省に、シミへの有効性と安全性が認められている美白有効成分
ビーグレンのシミに効くホワイトケアの2種類のクリームとは?
ビーグレンのシミに効くホワイトケアの2種類のクリームとは?
シミが出来にくい肌になる方法!「バリア機能」を高める「セラミド」とは?
シミが出来にくい肌になる方法!「バリア機能」を高める「セラミド」とは?
ルミキシルクリームはハイドロキノンの17倍ものシミ予防効果ある美白化粧品。
「出来てしまったシミを消す方法。」について、元化粧品会社勤務の30代管理人が本気で調査しました。
シミ消しできるクリームはハイドロキノン配合のものを選ぼう!
シミ消しできるクリームはハイドロキノン配合のものを選ぼう!
ビーグレンのクリームでシミを集中ケア!生き生きとした白い肌へ導きます!
ビーグレンのクリームでシミを集中ケア!生き生きとした白い肌へ導きます!
アンプルールの美白化粧水『ラグジュアリーホワイトローションAOU』のシミへの効果
アンプルールの美白化粧水『ラグジュアリーホワイトローションAOU』のシミへの効果
シミ・シワ・ニキビ対策には美容液を!20歳を過ぎたら毎日「ビタミンC誘導体」を。
シミ・シワ・ニキビ対策には美容液を!20歳を過ぎたら毎日「ビタミンC誘導体」を。
シミを消す!くすみを取る!ビタミンC誘導体とハイドロキノンの効果について
シミを消す!くすみを取る!ビタミンC誘導体とハイドロキノンの効果について