そばかすを消す化粧品と方法。

そばかすを消す化粧品や方法を思いつく限り調べてみた。メイクで隠す方法からレーザー治療で消す方法まで解説!

そばかすを消す方法

 

 

↓今月売れている美白コスメはこちら↓

シミ対策の化粧品

そばかす対策の化粧品

 

20代の頃から10年悩まされてきた、シミのようなそばかすとの闘いに終止符を打つべく、徹底的に半年間、調べて実践したらそばかすがほぼなくなりました。

 

そばかすメイクなんて流行ってるけど、あれはきれいなお肌の子が可愛くアレンジするから可愛いだけ。

 

本当のそばかすは可愛いなんてもんじゃない。ただの悩みの種。

 

年々濃くなっていくし、10代〜20代なら可愛いと言われるかもしれないけど、もう30代なのでそろそろ本当に「そばかすを消したい!」と出来る限りのことをやり尽くしました。

 

結果から言うと、今はかなりそばかすはベースメイクで隠せるほどに薄くなってきました。

 

ここでは、私の実体験から5つのポイントについて解説していきます。

 

そばかすを消す方法5つ

  1. 皮膚科でのレーザー治療
  2. プチプラではない、美白化粧品を毎日使う
  3. 徹底した紫外線対策
  4. 生活習慣の見直し

 

そばかすを消す方法をご紹介する前に、私が5年間実践して効果がなかった方法をご紹介します。

 

ドラッグストアでプチプラの美白化粧品をビタミンCのサプリメントを使い続ける

20代の頃は、今ほど「そばかすを消したい!」という気持ちが強くなかったので、悩んではいたものの、本気でそばかすを消す方法を実践している訳ではありませんでした。

 

でも、それなりに悩んでは致し、やっぱり「そばかすを消したい」とは思っていたので、ドラッグストアに売っているプチプラで安い美白化粧品を使っていました。

 

薄い段階のそばかすは、メイクで何とかごまかすことが出来ていたので、それでもOKとしていました。

 

でも、30代を目前にして気にしていたそばかすはだんだん濃くなってきたので、まずはそばかすの原因を調べることから始めました。

 

「敵に勝つには、まず敵を知ることから!」ですね。

 

ではまずは、自力でそばかすを消す方法から!

 

 

自力でそばかすを消すためのスキンケア

ドラッグストアで購入したプチプラの美白化粧品だけでは、どんどんそばかすが悪化していたので、まずは簡単に出来る対策として、スキンケアの見直しから始めました。

 

調べてみると、やっぱりプチプラの化粧品は安いだけあって、美白成分が配合されている濃度が低いのと、美白成分自体がそもそも美白効果が高くないものが多いとわかりました。

ポイントは「メラニン色素」の抑制と排出

シミやそばかすの原因メラニンが過剰に出来てしまうために起こります。

 

という事は、この憎い天敵メラニン色素を作らせず(抑制)に、お肌に溜まってしまっているメラニン色素をうまく取る(排出)することで、しみ・そばかすは消す事が出来るという事が調べてわかりました。

 

そばかすを消すために、

 

  1. メラニン色素の抑制
  2. メラニン色素の排出

 

を自力する方法をご紹介します。

 

メラニン色素の抑制・排出する成分が配合された美白化粧品でスキンケアをする

 

メラニン色素を抑制できる効果が高い成分

  • ハイドロキノン
  • トラネキサム酸
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • プラセンタエキス

 

これらの中でも「ハイドロキノン」は他の成分の100倍もの美白効果があるとのこと。

 

しかし、ハイドロキノンはお肌への刺激が強いので、高濃度のものは注意が必要です。

 

特に、そばかすが出来てしまう肌の人は敏感肌の人が多いので、濃度が高すぎない(3%以下くらい)、化粧品がおすすめ。

 

これらを踏まえて、普段の化粧品はビーグレンを使用することにしました。

 

ビーグレンは、ハイドロキノンの濃度が1.9%とそこまで高くないのですが、独自開発されたキューソームという技術で、浸透力は高く、お肌にも優しく出来ています。

 

ビタミンCなども配合されていて、効率良く美白が出来ると口コミでも評価が高いです。

 

ただ、そばかす体質の私は敏感肌で、普段はビーグレンを使っているのですが、生理前などは敏感肌がひどくなり、ハイドロキノンが使えないことも…。

 

そういう時は、ハイドロキノンが配合されていない美白化粧品「ディセンシア サエル」かそばかす専用の美白クリーム「フレキュレル」を使っています。

 

こうして、お肌の調子が良い時はハイドロキノン配合で美白効果が高い化粧品を、お肌の調子が悪い時はハイドロキノンが配合されていないお肌に優しすぎる美白化粧品を使い分けることで、効率的にケアが出来るようになりました。

 

 

ピーリングでメラニンを排出する

毎日のケアにプラスでスペシャルホームケアとして、週に2回自宅でピーリングをしました。

 

通常、メラニン色素は、お肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって、古くなった皮膚と一緒に排出されるのですが、ピーリングにをすると、メラニン色素の排出を早めることが出来ます。

 

また、古くなった角質を除去できるので、美白化粧品の美容成分が浸透しやすくなるというのもメリットです。

 

保湿力がアップしてお肌が明るくなったように見えます。

 

ピーリングは、敏感肌には刺激が強いのでマイルドに角質を除去できる洗顔タイプのものを選びました。

 

さらに、ピーリング後には美容成分が浸透しやすくなるとのことでビタミンC誘導体が高濃度配合された美容液を家庭用美顔器でイオン導入すると効果がアップします。

 

紫外線を浴びるとそばかすは濃くなる。

紫外線を浴びると、しみ・そばかすの原因のメラニン色素は過剰に作られてしまします。

 

日々の紫外線対策は、非常に重要なケアなので、徹底して行います。

 

  • 日傘・帽子を使う。
  • 日焼け止めは毎日使う。
  • 2時間おきに塗り直しを。
  • パウダリーファンデーションを重ね塗り。

 

日傘・帽子・日焼け止めは、やってるよー!という方も多いのではないでしょうか?

 

私が調べて驚いたのは、パウダリーファンデーションです。

 

SPF値・PA値にかかわらず、パウダリーファンデーションは、リキッドタイプのものよりも、顔料が多く含まれているので紫外線を反射する効果が高いんです。

 

その為、化粧直しの時も、顔全体にパウダリーファンデーションを塗りなおして紫外線対策をしています。

 

飲む日焼け止めサプリメントを飲み始めた

紫外線対策と、内側からのケアが同時に行える、「飲む日焼け止めサプリメント」も飲み始めました。

 

日焼け止めを塗ったりしていても、目からも紫外線を吸収してしまいます。

 

さらに、日焼け止めの効果だけではなく、美肌成分も入っている飲む日焼け止めサプリメントを飲めば、ビタミンCのサプリメントを飲む必要はなくなりますから、一石二鳥ですね。

 

飲む日焼け止めサプリメントは、お試し価格で購入しやすかった「ホワイトヴェール」を飲んでいます。

 

 

皮膚科でのそばかすケア

「そばかすを消したい!」と強く思っていた私は、さらに劇的に効果を出そうと、自力で出来るそばかすケアにプラスで皮膚科にも行きました。

 

私が行った皮膚科でそばかすを消す方法として、

 

  • 塗り薬(トレチノイン・ハイドロキノン)
  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル
  • フォトRC

などをおすすめされました。

 

その中から、フォトフェイシャルを選びました。

 

フォトフェイシャルは1回の施術でいきなりそばかすが全部消えるというものではありませんが、だいたい3回〜6回ほど月に1回施術します。

 

レーザー治療の方が効果が出るのが早いとのことでしたが、施術した後かさぶたになるなどのダウンタイムが気になったのと、フォトフェイシャルの場合はそばかす以外の肌トラブルも改善できる党言う理由からでした。

 

シミ、毛穴の開き、シワ、ハリ、弾力の衰えなどのアンチエイジング面にも効果があるとのこと。

 

せっかくなら全体的にきれいになりたい!と欲を出した結果ですね。

 

気になるそばかすは、3回ほどでかなり効果が発揮されていますし、お肌の調子も良すぎるくらいです。

 

やっぱり皮膚科での治療は劇的に効果が出ますね。

 

だからと言って、紫外線対策と、自宅でのケアは怠らないように!と先生に強く言われているので、引き続きホームケアも続けています。

 

毎日の継続で積み重ねる美白ケアは大きいですからね。

 

そばかすが再発しないために

そばかすは遺伝が原因で、そばかすが出来てしまう体質だから出来ているとのこと。

 

なので、この半年間、徹底したそばかす対策でせっかく消えたそばかすも再発の可能性が…。

 

そばかすが再発しないように私がしていることは、

 

上でご紹介したように、

 

  1. メラニン色素の排出と抑制の美白スキンケア。
  2. 月1回の皮膚科でのフォトフェイシャル。

 

これらのケアは常に意識して継続しています。

 

それ以外にも、活性酸素がメラニン色素を作る原因になっているので生活習慣も見直しました。

 

主に出来ることは、

 

  • 適度な運動
  • 質の良い睡眠
  • バランスの取れた食事

 

この3点です。ようするに規則正しい生活をしています。

 

そばかすを再発させないためには、そばかすのケアと同時に生活週間の見直しをするのも効果的という事ですね。

 

 


関連ページ

肝斑に効く化粧品・ハイドロキノン
ハイドロキノンはアルブチンやコウジ酸などに比べ、100倍もの美白作用があると言われています。
シミの原因となる活性酸素と、それからお肌を守るために大事なこと
シミの原因となる活性酸素と、それからお肌を守るために大事なこと
顔のくすみは美白化粧品では取れない?あなたのくすみタイプを簡単チェック!
顔のくすみは美白化粧品では取れない?
シミと肝斑の違いとは?原因と対処法をタイプ別にチェック!
シミと肝斑の違い
シミが出来やすい敏感肌の正しいケア方法。
シミが出来やすい敏感肌の正しいケア方法。
シミ、そばかすが出来る原因は?メカニズムに注目し対策を考える!
シミ、そばかすが出来る原因は?メカニズムに注目し対策を考える!
目立つシミそばかすに効く。美白対策まとめ。
目立つシミそばかすに効く。美白対策まとめ。
化粧水でのシミ対策は「美白っぽい」ものを選ぶな!
化粧水でのシミ対策は「美白っぽい」ものを選ぶな!
ニキビ跡のシミを消す方法。ビタミンCのイオン導入の効果は?
ニキビ跡のシミを消す方法。ビタミンCのイオン導入の効果は?
サプリメントで紫外線対策!ビタミンCでシミは消えないって本当?
サプリメントで紫外線対策!シミ・そばかす・肝斑が気になるなら…
ニキビ跡のシミに美白化粧水をおすすめする理由
ニキビ跡のシミに美白化粧水をおすすめする理由
メイクで可能!シミを隠すのに最適なファンデーション
メイクで可能!シミを隠すのに最適なファンデーション
シミ・ニキビ跡を消す方法。ピーリングに注目!
シミ・ニキビ跡を消す方法。ピーリングに注目!
レーザートーニングのシミと肝斑消す効果は?
シミの中でも特に厄介な肝斑と、その除去に効果的なレーザートーニング
シミ消しレーザー治療の経過と注意点。【経過画像あり】
シミ消しQスイッチルビーレーザー治療の経過と注意点。
手の甲のシミを消す方法。手の甲に出来る原因と対策をまとめてみた。
手の甲のシミを消す方法。手の甲に出来る原因と対策をまとめてみた。
日焼けや紫外線を防ぐだけじゃ足りない!シミの元を追い出す体づくり
メラニケア
サプリで紫外線撃退!飲む日焼け止めサプリメントは実際に効果があるの?
サプリで紫外線撃退!飲む日焼け止めサプリメントは実際に効果があるの?